デザインや機能で学習机を選ぶ|部屋のコーディネート術

お部屋の印象を決める インテリア選び

子供が使う机

児童

学習机はデザインで選ぶという人がいます。これは机の選び方としてはスタンダードなもので、やはりインテリアなのでおしゃれなものが良いというニーズに即したものとなっているのです。デザイン性が優れているとは、決して見た目だけが良くて収納力があまりないとか、使いにくいというわけではありません。使いやすくするというのがすなわちデザインでもありますし、その上見た目が付いてくるなら一番良いでしょう。最近は学習机をリビングに置く家庭も増えていますので、やはり見た目はすっきりしていた方が良いのです。シックなインテリアにも合うような形式のおしゃれな学習机もあるので、インテリアコーディネートの一貫で学習机を選ぶことが可能となっています。

ずっと使い続けたいなら、高さが調節できるような学習机だとなお良いでしょう。プッシュ式の昇降機能がある机もありますが、それだと機能性が高くなってしまい、値段もそれなりになります。ネジで留めるタイプだと高さを調節できますし、あまり値段も高くならないので最適だといえます。高さが調節できないタイプの学習机を選ぶなら、椅子を工夫しましょう。椅子に足置きがあるなら、机が高くてもきちんと背を伸ばして書き物をすることができますので、子供の姿勢が悪くなることもありません。引き出しは物がたくさん入っても出し入れしやすいようなものを選ぶと良いでしょう。スライドレール式だと力のない子供でも簡単に取り出すことができるので便利です。

二段ベッド

狭い部屋も快適になる

部屋が狭い造りになっていると、窮屈に感じてしまいます。子供が快適に過ごすことができるようにしたいなら、二段ベッドを選ぶと良いでしょう。兄弟姉妹が気兼ねなく過ごせる空間が作れます。

男性

収納にも役立つ

三段ベッドは、下部分まで使わなくても良いのです。収納に使うこともできますので、空間活用に役立てることができます。子供が使うなら、高さにも気をつけて選ぶようにしましょう。

ちゃぶ台

モダンにもできる

ちゃぶ台といえばレトロな家具だという認識がありますが、モダンなインテリアにも合うように作られているので、どんな部屋にも合わせられます。脚の形もいろいろあるので、部屋の雰囲気に合わせましょう。